株式会社エネスクエア東京

エネスクエア東京

当社はNTT都市開発株式会社と東京ガス株式会社両社の出資により運営され、田町駅東口区域で地域エネルギーサービスを展開しています。

【社名】は、街にエネルギー(冷熱・温熱・電気)を供給する事業であることから、エネルギーの省略形である「エネ」、街区を意味する「スクエア」、営業地域の「東京」をつなげ「エネスクエア東京」としています。

【会社ロゴマーク】は、中心部のが建物、が樹木を象徴し、街区を青(冷熱)、赤(温熱)、オレンジ(電気)の各エネルギー配管・配線と、環境をイメージする緑とで取り囲む構成としており、都市環境とエネルギーの共生を表現しています。

お知らせ

2021年7月1日
本日より新社名「エネスクエア東京」にてスタートいたしました。
2021年6月17日
弊社は、2021年7月1日より、今後のさらなる事業発展を期しまして、社名を「株式会社ディ・エイチ・シー・東京」から「株式会社エネスクエア東京」に変更することと致しました。
ホームページアドレスも7月1日より「https://www.es-tokyo.co.jp/」へ変更となります。新サイトはこちら
2021年3月24日
当社が東京都から供給地区指定を受けている田町駅東口区域に位置する東京工業大学田町キャンパス敷地において、土地活用事業が計画されており、NTT都市開発株式会社が代表企業を務めるグループが事業予定者に選定され、事業協定書を締結したことが公表されました。(ニュースリリースへのリンク
当社は、この再開発エリアへのエネルギー供給事業者として、今後、田町グランパークと連携した地域冷暖房システムの構築による街区全体でのエネルギー効率の最大化や、環境・防災性能の向上など、先進的な地域エネルギー供給システムを通じて、新しい街づくりへ積極的に貢献していきます。
2021年2月5日
当社のコージェネレーションシステム更改事例が、施工会社である日比谷総合設備株式会社様の発行する「日比谷技報No.16 2020」に紹介されました。内容はこちら
2020年12月28日
当社の2020年3月に竣工したコージェネレーションシステムが、一般財団法人コージェネレーション・エネルギー 高度利用センター(通称:コージェネ財団)が主催するコージェネ大賞2020において民生用部門特別賞を受賞しました。コージェネ財団発表はこちら
2020年12月28日
ホームページを更改しました
トップ
地域エネルギー供給
エネルギー供給エリア
エネルギー供給システム
新設備の導入
会社概要
関連リンク